【出産祝いにもおすすめ】0歳から楽しめる初めての絵本6選

あかちゃん画像 0歳〜1歳

子供が生まれたら絵本を買ってあげたいなと思っても、本屋さんや図書館へ行けば山ほどある絵本。

絵本は決して安くはないし、どうせ買うなら子供が喜びそうな絵本がいいなと思うものの、初めての絵本にどれを選んで良いか迷いますよね?

もうすぐママになる人、ママになりたての人、出産祝いに絵本をプレゼントしたい人に我が家の3人の子供達が大好きだった0歳から楽しめる初めての絵本6選を紹介します♪

0歳から楽しめる初めての絵本を買うならこれ!

だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット)


かがくいひろし さく/ブロンズ新社

やっぱり赤ちゃんの絵本でおすすめしたいのは「だるまさんシリーズ(3冊セット)」
マホマホも出産祝いとしてこの「だるまさんシリーズ」を何人にプレゼントしたことか。笑

産まれたばかりの赤ちゃんの視力は非常に弱く、月齢が進むにつれて明るい色から徐々に分かるようになると言われています。また形を認識できるのも、まずは丸いものから。
だから明るくて丸いアンパンマンが
みんな好きになるのは納得ですよね!

そんな赤ちゃんが好きな赤くて丸い「だるまさん」がこの絵本の主人公。
だるまさんが陽気に揺れて、その後にどてっと倒れたり、びろーんと伸びたり、ぷっとおならしたり、、、
音の響きだけでも楽しめます。また動きが理解できるようになる1歳から2歳になると、だるまさんの姿にケラケラ笑って聞いてくれます。

シリーズ2の「だるまさんの」は手、歯、毛、などだるまさんの体の一部が出てきます。
我が家の1歳の次男くんはまさにこのシリーズ2にハマっており、音に合わせて自分の手や毛をアピールしてます。読み終わると毎回もう1回!と・・・エンドレスです。。。(汗)

シリーズ3の「だるまさんと」はいちごさん、ばななさん、めろんさんなどお友達が出てきて・・・。だるまさんと一緒に「ぺこ」「ぽにん」「ぎゅっ」の姿がまた可愛い。

どのシリーズも単純だからこそ何度も読めてします。
大人もだるまさんの真似っこをして一緒に楽しんでみてください。

松谷みよ子あかちゃんの本Aセット(全3巻)


松谷みよこ 作・瀬川康男 絵/童心社

ババ(マホマホの母)が最初にプレゼントしてくれたのが、だるまさんシリーズとこの松谷みよこさんのあかちゃんの絵本「いないいないばあ」「いいおかお」「もうねんね」の3冊セットでした。
この7年くらいでこの3冊も何度読んだことか分かりません。笑

「いないいないばあ」は1967年に発売され50年以上累計600万部以上の発行部数を記録するほど日本で一番愛され続けている絵本です。
また「いないいないばあ」と絵本に合わせて親子で遊べるコミュニケーションのきっかけになることも。

「いいおかお」は「いないいないばあ」ほど子供の反応は少ないかもしれないけど、読んでいる大人がとっても笑顔になってること間違いなし!我が家の子供達は主人公のふうちゃんを自分の名前に変えて読んであげると、とっても喜んでくれました。

「もうねんね」は思わずあくびが出そうになるほど、ゆったり優しい響きがこっちまで眠たくなるくらい。
寝かしつけにもってこいな絵本の一つです。

3冊とも優しい言葉使いなので、ぜひ赤ちゃんのうちに読んであげたい絵本です。

くつくつあるけのほん 4冊セット


林 明子さく/福音館

このセットには「くつくつあるけ」「おつきさまこんばんは」「きゅっきゅっきゅっ」「おててがでたよ」の4冊が入っていて、とてもかわいくて読みやすい絵本ばかりです。

1歳の次男くんが現在「おつきさまこんばんは」と「おててがでたよ」が大好きです。
「おつきさまこんばんは」の裏表紙に「ベー」っと舌を出したおつきさまがでてきます。
それを見て一緒に「ベー」とやるのがこの絵本の楽しみのようです。笑

また「おててがでたよ」はお着替えタイムに持ってこいの1冊!

1歳の次男くんはまだ1人で着替えることはできないですが、お着替えタイムになるといつも私の側から脱走、、、
無理やり捕まえて、力づくできがえさせようとしても上手くいかないので、そんな時に「お顔はどこかな?」「お顔あったー!」「おててはどこかな?」「おててはここにあったよ」など声をかけてあげると、一生懸命自分の顔や手を出そうとしてくれます。

4歳の長女ちゃんは次男くんが生まれてから「きゅっきゅっきゅっ」の絵本が好きなりました。

”お世話”というものをやりたいお年頃。絵本のように次男くんの口やお気に入りのぬいぐるみのお口を拭いてあげてます。次男くんは迷惑そうな顔をしてますが、、笑
女の子あるあるですね!

「くつくつあるけ」は長男くんが1歳から2歳の時に何度も読んだ思い出の絵本。
くつの「トントン」や「ピョーン」という音のリズムがとても楽しく、長男くんは歩くことに興味を持った1歳くらいに読んでどハマりした1冊です。

4冊とも単純だけど何度読んでも飽きず、これも赤ちゃんから読んであげたい絵本です。

に~っこりセット(全3巻)


いしづちひろ 作・くわざわゆうこ 絵/くもん出版

この絵本は次男くんが産まれた時にババからもらったプレゼントです。

ただ赤ちゃんが「にこっ」て笑うだけで、周りのみんなが笑顔になれますよね♪

可愛い赤ちゃんの笑顔が溢れている絵本です。

マホマホは次男くんの笑顔が見たくて「にっこり〜〜」と満面な笑顔で読んでます。

赤ちゃんと言われる時間ってほんとあっという間に過ぎ去ってしまうんですよね、、そんな愛おしい時間をこの絵本で感じて欲しいなと思います。

「おいし〜い」は食べる楽しさ、喜びを少しでも感じてくれたらいいなと思いながら毎回読んでます。

「おやすみ〜」は読みながら心も体も寝る準備ができる絵本です。子供の寝かしつけにちょうど良いです。

このシリーズの主人公は可愛い赤ちゃん。絵が可愛くて優しい、大人が読んでて癒される絵本です。

じゃあじゃあびりびり


まついのりこ 作/偕成社

これも赤ちゃんの初めての絵本として大人気の1冊です!

「じどうしゃ ぶーぶーぶーぶー」

「いぬ わん わん わん わん」

「みず じゃあ じゃあ じゃあ」

「かみ びり びり びり びり びり びり」

初版は1983年とこちらも昔から愛されている絵本。

身近な生活音だけが載っている絵本ですが、この音になぜか赤ちゃんって聞き入ってしまうんですよね。
あかちゃんがかじっても放り投げても安心の厚紙。サイズも小さく、持ち運び用の絵本にするのもおすすめです。

現在、我が家の次男くんがこの絵本が大好き!1回読んでとなるとエンドレスになります、、笑
でもページ数も22ページとすぐに読めるので、気負いせず何度でも読んであげられる絵本です。

もこ もこもこ


たにかわしゅんたろう さく・もとながさだまさ え/文研出版

この絵本との出会いは長男くんと近くの子供支援センターへ遊びに行った時に読んでもらった時でした。

出てくる言葉は「もこ」「にょき」「ぽろり」と奇妙な擬音ばかり。絵の色や形も不思議がいっぱい。意味を理解しようとしても無理です。
でも、なぜかその不思議な音や絵の世界に引き込まれて、子供達はこの絵本に集中してました。

マホマホも初めて読んだ時は「???」でした。笑

でも何度も何度も読んでいるうちに、気づいたら「もこっ」「もこもこ」という音が楽しくて、この不思議な世界にどっぷりハマってました!

大人はすぐに意味など考えようとしてしまいがちですが、この面白い世界にぜひ浸ってみてください。

 

 

絵本の好みは人ぞれぞれですし、子供の反応もみんな違います。

我が家の3人の子供たちですら好きになる本や、同じ本でも好きになるタイミングはバラバラです。

だからこそ絵本に正解はありません。

最初は親がこれなら読んであげられるかな、自分も読んでて楽しいなっていうの物を選んでも良いと思います。

子供の興味はその日の気分にもよります。昨日は喜んでたのに、今日は興味がない。ってことも日常茶飯事。そんな日は読み聞かせ終了!とマホマホは毎日ゆる~く絵本と付き合ってます。

またせっかく買ってあげた絵本、もらった絵本に興味を示さなくても、1歳過ぎたらもしくは2歳過ぎたら興味を持つこともあります。ぜひ絵本と気長に付き合ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました